志賀島「謎石」コレクションTOP10~前編~

発見自然

09

志賀島「謎石」コレクションTOP10~前編~
略して「謎石10」

小さな頃から石が大好き❤な私。
たくさんの謎石に興奮度MAX!!!志賀島の見事な謎石コレクションをご紹介しちゃう❤
まずは、志賀海神社の謎石コレクションから♫

 

第10位 力石(文化財)
境内に置かれている力石。力石は芥屋町の三右衛門が、海上の安全や豊漁の祈願・報賽として、あるいは力比べの祈念として奉納したものだと考えられているわ♪表面には名前が彫ってあるの❤

 

第9位 烏帽子石
09
▲境内に入ってすぐの、手洗い場の前には恵比寿様の烏帽子や大黒様の頭巾に似た石が奉納されているわ♪商売をしている人に、ぴったりの縁起物ね❤

 

第8位 陰陽石
08

▲手洗い場の奥にある横には自然のアート❤陰陽石とは、男女の象徴に似た形をした奇石のことよ。自然のアートが時を刻んで仲良く置かれているわ❤恋人と訪れてみて♪

 

第7位 わりといかつい狛犬
07

▲神社の入り口にたたずむ狛犬。ここの狛犬は一味違うわ!小さな目に長い足・・・なんだかシーサーみたい!異国情緒あふれる守り神ね♪

 

第6位  船を括りつける石

06

駐車場から入る鳥居の足元に鎮座
▲神社の駐車場側にある鳥居下に鎮座する石。なんとも漁師の島らしいデザインの石ね♪船を括りつける石は、航海の安全を願ったものかしら?

 

第5位 石灯篭に刻まれた月と太陽
05
▲境内の石灯篭は全て月と太陽のモチーフ❤しかも月は満ち欠けを表していて、一つずつその形が異なるのがロマンを誘うわ♫西側には月、東側には太陽が模してあるのよ♪

 

第4位 婦人病に効くといわれる石
04
▲境内の一番奥に「磯崎社」として鎮座している石。お参りすれば、婦人病が治ると言われている石なの♪

AHaaaaan!なんてステキな石ばかり❤次回はとっておきの謎石TOP3をお送りするわ❤
謎石と志賀島の浦島太郎伝説も登場よ❤

copyright©SHIKANOSHIMA REPUBLIC.All right reserved. Supported by Caracri Works

このサイトについて

島を訪れなければ感じることができない、場所や人を伝える小さなメディアです。

福岡県福岡市博多湾に浮かぶ、人口は2000人足らずの小さな島。志賀島。

正確には島だった島です。長い月日の中で、本土と砂州で繋がり道ができました。

その道は、都会の喧噪を離れた、この島にたくさんの人やモノ・情報を届けます。

漁をナリワイとする人々、農に勤しむ人々、都市へ働きに出る者。

神社や祭りは島固有の文化を育み、繋がりの中で暮らしています。

このプロジェクトは島内外の「特派員」により、地に足を下ろしたローカルな志賀島を紹介していきます。

志賀島について

志賀島の基本情報

福岡県福岡市東区、博多湾に浮かぶ島。金印が発見された島として知られる。

歴史的には古代日本の海上交易を支えた、海人族である安曇氏の拠点であったとされ、海の要衝として重要な位置を占めていたとされる。また島の半分を玄海国定公園に指定され、陸繋島をはじめ、自然豊かな景観と古い町並みや暮らしが、今も残っている島である。

■人口 / 1,938人 世帯数 / 848世帯(2012年時点)

■面積 / 5.78 km2(東京ドーム約123個) 周囲 /11 km

■主管産業 / 漁業・農業

■特産物 / アジ・ワカメ・いちご(あまおう)

■所在海域 / 博多湾、玄界灘

■アクセス / 福岡市営渡船、西鉄バス、JR西戸崎線(西戸崎駅からはバス)